misato tsuboshima

「きめこみ」という手法で作品を作っております。

「木目込み」とは江戸時代から続く「木目込み人形」の手法で、木に筋彫りを入れ布の端を埋め込んでいく手法です。

これを現代風にアレンジし、発砲スチロール(ハレパネ)を使用し、イラストレーションを制作しております。

坪島美里  

きめこみイラストレーター  

1977年生まれ。東洋美術学 校グラフィックデザイン科卒業。

5年間のデザイン事務所勤務を経 て、イラストレーションを学ぶためパレットクラブに通う。

以降、布 を発砲スチロールパネル(ハレパネ)に埋め込み絵を描く

「きめこみイラストレーター」として活動。

情報誌、雑誌、CD、企業カレンダー などのイラストレーションを担当しています。

2013年 資生堂 花椿 ダイアリー カバー画 2017年 ENEOSカレンダー (9月〜10月担当)

2014年〜現在 ポスタルくらぶ月刊誌『カラフル』表紙画

最近の個展 2018年「KIMEKOMI」クー・ギャラリー